水廻りリフォームの種類

水廻りリフォームの設備機器にもたくさんのタイプがあります。基本的なポイントを抑え、費用やライフスタイルに合わせ、ぜひ、ご参考にしてください。

リフォーム

 

キッチン

キッチンは水廻りリフォームの中でも特に要望が多い箇所です。
キッチンのレイアウトや配置方法、キッチンの種類などそれぞれ特徴があります。例えば、キッチンのレイアウトは「クローズドタイプ」「オープンタイプ」など。種類はコンロ・シンク・調理スペースを一列に配置した「Ⅰ型」や、Ⅰ型を二列に分け平行に配置した「Ⅱ型」などがあります。自分がどのようなレイアウトにしたいのか、どのような目的でリフォームしたいのか。例えば、「キッチンスペースをコンパクトに収めたい」「動線を確保したい」など、目的に合わせて計画すると良いでしょう。

お風呂

お風呂の種類は主に、「ユニットバス」と「在来工法」の種類に分けられます。手軽にリフォームしたいとお考えなら、「ユニットバス」がオススメです。工期が短く(2~3日程度)、工事費も安くなります。お風呂に強いこだわりがあるのであれば、「在来工法」を選ぶと良いでしょう。

トイレ

トイレの種類は3タイプあり、「組み合わせ型トイレ」「タンク一体型トイレ」「タンクレストイレ」と分けられます。費用を抑えたいリフォームであれば「組み合わせ型トイレ」を選ぶと良いでしょう。組み合わせ型トイレは、便器や便座、タンクをそれぞれ選べるので費用を抑えることが可能になります。スマートな印象にしたい、掃除がしやすくしたいのであれば

洗面台

洗面台は「ユニットタイプ」「システムタイプ」「カウンタータイプ」と分けられます。洗面台を選ぶポイントは「収納」です。今まで収納できたいたものが入らない!といった事態にならないよう、収納ペースのことを考慮して選ぶようにしましょう。